【SEO対策におけるIP分散とは】
IPアドレスを分散させたSEO対策の方法は効果絶大なのをご存じですが?

主要検索エンジンであるGoogle・Yahoo!で上位表示されているサイトのSEO要因は様々ですが、効率的なSEO対策を考えた場合はとくに、
IPアドレスによる分散(さらに言えば時間と空間を分散させたSEO対策の方法)は、恐らく最強のSEO対策と言えると思います。

 

【GoogleとYahooでSEO効果の高い被リンク】
検索アルゴリズムは絶えず進化していますが、Google ・Yahoo!の検索結果で上位表示させるには一定の条件を満たした質の高い被リンク対策が必須となっています。

SEO対策効果の高い被リンク
効果的なSEO外部対策として、以下の条件を満たした被リンクになります。

・クラスC以上でIP分散されている
・ドメインエイジは全て5年以上
・トップページからの被リンク掲載
・発リンクは20リンク以下
・被リンク元同士でリンクの張り合いはしない
・被リンク掲載は同一時刻にしない

以上の内容が高い評価を受ける被リンクになります。

 

【日々進化する検索エンジン】
GoogleやYahooの検索で上位表示させる手法として、相互リンクやブログなどから大量のリンクを張ることが有効な時期がありました。
しかし現在では、検索エンジンのアルゴリズムの進化によって、大量リンクが張られているだけではあまり評価されなくなっています。

検索エンジンのアルゴリズムは絶えず進化していることもあり、Google.Yahooの検索結果で上位表示させるには一定の条件を満たした質の高い被リンクが必須となっています。
逆にいえば、一定条件を満たした被リンクであれば100リンクであってもGoogle・Yahooでの上位表示が可能です。

 

【クラスC以上でIP分散されている被リンクとは?】
日本でも無料のブログサービスが定着していますが、こうしたサービスが登場した当初はあらゆるキーワードでブログが上位表示される状況となりました。
このため、無料ブログからのリンクを利用して上位表示させるアフィリエイトサイト(ブログ)が激増し、Google・Yahoo!などのロボット型検索エンジンは検索結果の制度を上げるために次の対策を発表しました。

同一IPアドレスからの大量リンクは評価を下げる

現在、Google・Yahooは安易に量産された同一サーバ・同一のサーバ運営元のサイトからの被リンクに対して高い評価を与えていません。
高い被リンク効果を得るには、クラスC以上でIP分散されている被リンクが重要です。

 


SEO対策東京のメニュー

  • SEO対策の種類
  • 内部SEO対策(おくログ)
  • 外部SEO対策(あげログ)
  • SEO対策のためのIP分散、コンテンツマッチについて
  • SEO対策におけるペンギンアップデート、パンダアップデートとは