外部SEO対策とは、外部サイトからの被リンク設置や検索サイトのインデックスなど
サイトの外部で行われるSEO対策のことです。外部施策と呼ばれることもあります。

SEO対策会社が外部SEO対策という言葉を出す時は、被リンクの売買を意味することが多いです。
検索エンジンが最も評価するのは、あくまでユーザーが支持して張った自然なリンクであることを忘れてはいけません。

最近では、SMO(ソーシャルメディア最適化)という考え方のもと、有益なコンテンツを数多く発信することで、
支持しているユーザーを集めるという理想的な外部SEO対策の形を模索する動きも高まってきています。

弊社におきましても、お客様からの要望を受けて外部SEO対策やSMO(ソーシャルメディア最適化)のサービスをご提案しております。

 

内部SEO対策に時間をかける必要が無い場合、時間をかけなければいけない場所は外部SEO対策と言うことになります。
被リンク対策もSEO対策では重要な部分なので注意してやらないといけません。

少し前になりますが、Googleウェブマスターツールのアップデートにより自作自演リンクに対して警告メッセージが送信されるようになった事が騒がれました。
今後は作為的なリンクに対する風当たりが一層強くなるという事です。

自作自演リンクによる警告(ウェブマスターツールからの)はリンクを張ったサイトに対して行われるものです。
張られた側に対しては何の警告も無いようです。
ただし、警告が出るような被リンクにSEO対策としての価値は無いと思います。

 

【危険な被リンク】

・内容が薄いサイトからのリンク
・同一のアンカーテキスト
・キーワードのみのテキストリンク
・短期間での被リンク増加
・トップページに集中して被リンクを集める

になります。

 

これらは全て大量のという事が前提ですが、自然ではない被リンクは危険ということです。
危険と言ってもリンクを張られた側のサイトが直ちにペナルティを受けるという事無いでしょう。
ただ、ただリンク数を増やすことを意識してリンク数を増やしても、リンクが無効になったり、リンクを張ったサイトの価値が無くなってしまったら、それまでにかけた時間とお金がもったいないですよね。

最近特に良くないと感じるのが、キーワードのみのリンク、短期間の被リンク増加、トップページへのリンク集めです。
もちろん、リンクを張ったサイトや張られたサイトの状況(サイト評価)にもよりますが、かなり注意しなければいけないと思います。

 

【評価されるリンク】

nofollowがついているTwitterなどにしても、多くの人たちから支持されている事を表すリンクをGoogleは無視できません。
逆にオーソリティサイトから張られたリンクであっても、誰の目にもつかない、クリックされないようなリンクには価値が無いとと考えてもよいかもしれません。

今迄は評価の高いサイトからリンクを貰う事が重要でしたが、今後はそのリンクが実際に人間に評価されているのかが大切になってくるのかもしれません。


 


SEO対策東京のメニュー

  • SEO対策の種類
  • 内部SEO対策(おくログ)
  • 外部SEO対策(あげログ)
  • SEO対策のためのIP分散、コンテンツマッチについて
  • SEO対策におけるペンギンアップデート、パンダアップデートとは